暗いところは気にならない

暗いところは気にならない

明るいところや青空を見つめたときに、目の前に髪の毛や糸くずなどの浮遊物が飛んで見える場合があげられます。視線を動かすと一緒に移動したりするように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えません。でも暗いところでは気になることはない。 こにみたいな症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼んでいます。気にしないとしてもいい場合もありながら、病気の徴候としてあらわれることもあります。目の中央には硝子体といって、ゼリー状の透明な液体がつまっていますのです。この中に濁りができると明るいものを見た時に、その濁りの影が目の底の網膜(カメラのフイルムにみようかなもの)にうつり細かな糸のように感じるのです。この濁りは老化などによる硝子体の変性、出血、炎症などが原因で起こります。母親の胎内で胎児が成長する過程では硝子体に血管が通っていますが、通常は生まれた時点はこの血管はなくなっているのがふつうです。しかし生まれた後も血管のなごりが硝子体に残ると、これが濁りとなって飛蚊症の症状が出ることもあげられます。この場合は、生理的なもので健康な方にも起こる現象その為、症状が進まない限りはあまり気にしだしていかないとしましてもよいでしょう。症状に気がついたら、その原因を判断する必要があげられます。

トップへ戻る