初期の内は自覚症状がない

初期の内は自覚症状がない

角膜の形が変化し、近視や不正乱視が強くなり、進んでくると眼鏡やコンタクトレンズをつけても矯正ができなくなり、角膜移植術などが必要となってくるでしょう。原因は不明で先天性、進行性疾患です。アトピーやアレルギー疾患など、目をこする刺激(角膜擦過)が増悪因子と言われていますが、そにみたいな誘因がなく発症する場合もあげられます。初期の内は自覚症状がありません。ある程度進行してくると乱視が増加していくことにしますが、メガネやソフトコンタクトレンズでも良好な視力が出ます。つまり、初期のうちに発見されてしまうことは少なく、屈折矯正手術などの検査の際に角膜形状を精密に検査して初めて指摘を受ける方もいらっしゃいます。10 歳代~ 20 歳代の青年期に発症し、それから進行し、40 歳以降になると進行しにくくなる方がぜんぜんです。まれに 30 歳代以降で発見されて 50 歳以降も進行する方もいます。1000 人に 1 人が発症したりすると言い伝えられ、決して珍しい疾患ではないです。円錐角膜の治療方法は、進行しましたりするのだろうか、あるいはその程度などで異なるんです。

トップへ戻る