ハードコンタクトレンズで矯正

ハードコンタクトレンズで矯正

初期では徐々に乱視が強くなるのですが、この段階であるならば眼鏡での矯正が可能です。角膜の変形が強くなってくると、眼鏡での補正が難しくなり、ハードコンタクトレンズで矯正しないと視力が出にくくなってくるでしょう。ハードコンタクトレンズは、円錐角膜が原因で起こる屈折異常を補正し、角膜を圧迫して円錐化を抑制する効果が期待出来る。しかしながら、変形して尖った角膜にハードコンタクトレンズを合わせることは難しく、レンズが安定せず、角膜表面に傷がついたり、レンズの違和感が強くなる場合があげられます。次のように、コンタクトレンズの違和感が強くなると、コンタクトレンズを装用するには難しくなってきます。こやつを円錐角膜のコンタクトレンズ不耐性と言います。また、コンタクトレンズを長時間装着し続けると角膜の頂点がコンタクトレンズで擦れて、角膜に傷が付きやすくなります。傷はコンタクトレンズ不耐性を悪化させるだけででではなく、角膜の混濁の原因にもなるんです。角膜の変形が軽い時期に、角膜にリボフラビンという薬剤を浸透させてから紫外線を照射する治療を行うと、角膜が硬くなり、円錐角膜の進行が抑制されてしまうため、最近は円錐角膜の新しい治療として注目させられるようになりましてしまおりました。

トップへ戻る